富裕層が増える中国、10年後には世界最大の高級品市場に!

中国は今後10年で世界最大の高級品市場になる。

<ニュース記事より抜粋

CLSAは、2020年までに世界の高級品市場に占めるグレーターチャイナ(中国本土、香港、台湾)の比率が、現在の15%から最大44%に拡大すると予想。中国本土の富裕層の平均年齢が諸外国と比べて15歳若いことが、こうした高級品市場の急速な拡大の主因だとしている。

2000年には資産10億元(約123億円)以上を持つ中国の富豪の数は24人だったが、2010年には1363人に増加。 すでにルイヴィトンにとっては中国人が最大の顧客になっているほか、グッチの売上高全体の18%、ブルガリの同14%、エルメスの同11%はグレーターチャイナで占められている。

トップへ戻る