DIY一覧

ウッドフェンスの目隠しと隙間

隣近所の視線が気になる。そんなお客様にお勧めなのが、ウッドフェンスの目隠し。通常のウッドデッキに、目隠しフェンスを組み合わせたりしてプライバシーを守ります。

人工木と天然木のウッドデッキの違い

近所で人工木と天然木のウッドデッキは半々です。それぞれ一長一短あるので悩んでしまい中々決断できません。まず価格はどこで購入するかにもよって違いますが、一番高いのが人工木で次にサイプレス、一番安いのがレッドシダーになります。

傾斜のあるところにウッドデッキ設置

低い方を高い方にブロックやコンクリートで合わせる場合と鋼製束と言う調整できる金具を使ってする場合など色々あります。地盤の傾斜は、束柱の長さで調整致します。分かりやすく例えると、今日との清水寺の舞台がイメージしやすいと思います。

ウッドデッキ DIY 下地

市販で売られている材にオイルステインを塗り、切りそろえたものを並べて根太を置く。1×材で大丈夫でしょうか?上に乗っただけで確実にたわみが発生しまう。体重60キロのひとが乗っただけで3ミリ程度、少しジャンプしたら折れる位のたわみがでる可能性が高い。

ウッドデッキの基礎工事

通常当社施工では、穴を掘って、入念に突き固めて、砕石or砂利を敷き込んで、入念に付き固めて、高さ調整用の砂を1~2cm入れて、水平を取り、束石を据え付けます。

NO IMAGE

ハードウッド材のウッドッデッキの塗装

オイルステインをお勧めします。オイルステン塗料は、植物油を主体とした塗料で、木材に浸透して内部に塗膜を作り、木材表面には塗膜をつくらない仕上げをいいます。表面に塗膜をつくらない為、木材が持っている本来の美しさである「樹味」を表現する事が出来ます。

NO IMAGE

ハードウッド材でウッドデッキ 必要な道具は?

ハードウッド材は木が硬く、加工も手間なんで、不慣れな方は止めた方が良いと思います。ネジ締めはクランプでしっかり木を固定して下穴錐ドリルで必ず下穴を開けてからインパクトドライバーでネジを締めるという流れ。下穴錐ドリル刃、12V以上のインパクトドライバー、クランプは揃えたいですね。

トップへ戻る