植樹・樹一覧

ウッドデッキに植樹可能?

既存の樹を囲んで施工することも可能ですし、これから植樹される予定がある方であれば、その部分のみ蓋をし、蓋を外せば植えられるスペースを確保することも可能です。参考写真付けましたので、ご参考ください。

NO IMAGE

【ソフトウッドのメリット、デメリット】

メリットは、柔らかい木材です。その為加工が非常に楽と。安定供給が可能で材料が安価。デメリットは、腐りやすい。衝撃などに弱いということや水分を吸収してしまうという特徴があるので、腐朽したりシロアリの被害にあいやすくなります。又、1年ごとにしっかりと防虫、防腐塗装などのメンテナンスを行うことが求められます。

NO IMAGE

【ハードウッドのメリット、デメリット】

メリットは、腐食や虫などの害、水分による腐朽に大変強く、20~30年はメンテナンスしなくても問題なく利用可能。デメリットは、非常に硬い木材なので加工がしにくい。ソフトウッドと比較した場合「材料費が高い」

NO IMAGE

ウッドッデッキの中に植栽

雑草が木の周りから伸びてきたりはしないのでしょうか?雑草や落ち葉の管理ができないようなら木は囲わずに外したほうが無難でしょうか?ブロック、もしくはレンガなどで小さな花壇のようにデッキ面まで立ち上げる、またはデッキよりやや立ち上げる感じにすれば良いかと思われます。

NO IMAGE

ウッドデッキ制作 庭改造について

庭の幅が狭く、すでに花壇がありまして、 花壇の高さに合わせて作ろうと考えていましたが そうすると高さが低く(30センチくらい)なるため通気性が悪くなりそう。現実的に考えられる選択肢は3つ。どれが一番最適か。

NO IMAGE

人工木材が腐る

人工木材が腐ると言う記事を度々見かけます。外に設置する商品なので、当然紫外線や雨による色落ちなどは、見かけましたが、世に出て10年程度の商品。しかしこう言った話がweb上で上がる以上多くの方が目にした事があるのではないでしょうか。

NO IMAGE

ウッドデッキ施工 新潟市中央区K様邸 VOL.3

新潟市中央区のウッドデッキ施工。お客様の希望でシンボルツリーの設置依頼。施工方法を解説。可動式ベンチも製作。重厚な材質で作っているので簡単には動かせませんがその代わりずるずる動くベンチではないので安定感はバツグン。

トップへ戻る