ウッドデッキの床板の割れ。対策は?

【ウッドデッキの床板の割れについて】

質問・ウッドデッキの床板の割れ発生。対策は?

他社でウッドデッキを施工してもらったのですが、床材のネジを打ち込んでいるところの多くでひび割れが起こっています。長いところでは30㎝ほどです。木材はひのきです。

私は、経年劣化でひび割れし、そこから腐れ始めていくのだろうと思っていたのですが、はじめからこんなにひび割れているものなのでしょうか?

ネジが打ち込んであるけっこう多くの場所で長い短いありますがひび割れています。

回答

ひのきはコーススレッド打たなくても割れやすいので、下穴無しで打ち込むと、特に割れやすいです。
杉もそうですが、木材自体が軽いためビスを打込む際に力が加わり割れが生じてしまいます。

弊社施工時では、ハードウッド材(ウリン、イペ、アマゾンジャラ等)は下穴無では、専用のステンレスビスでも折れてしまいますので、必ず下穴を開け、座掘り(皿取り加工)をし、+の形状のビスでは無く、□の力が加わりやすいウッドデッキ専用ステンレスビスを使用しています。

修正方法としては、パテ埋めする。まめにオイルステンを塗る等のメンテナンスをするのが良いかと思います。

ビス

トップへ戻る