ウッドデッキの材料は何を選べば良いの??

ウッドデッキの材料は何を選べば良いの??

質問

ウッドデッキの材料としてウリン等のハードウッド系天然木とFRPや人工木等の工業的材料があると思います。(もし天然木を使うならハードウッド一択です)

自分なりに調べた結果、
天然木(ハードウッド)の

メリットは、木の暖かみ、肌触り、長持ち、廃棄のし易さ等があり、

デメリットは値段の高さ、硬さによる加工の難しさ、天然木ならではの素材のバラツキ、ささくれが発生する等があると思います。

人工木等の

メリットは、安さ、製品の安定性、在庫の豊富さ、腐らない等。

デメリットは、表面温度が高くなり過ぎる、木に比べ廃棄の際に手間がかかる、腐らないが表面が比較的早くザラザラになる等がありました。

そこで双方のメリット、デメリットを考え、床材のみを天然木にし、その他、人の接しない部分を人工木等にしようかと思いますが、考えられる不具合は何でしょうか?

よろしくお願いします。

回答

不具合は材が違うと見た目があまりよろしくないと思います。

塗装を前提に考えるなら全て同じ材料がよろしいかと、歩く床部分のほかも湿気が影響しますので材料は多少高価ですがハードウッド材での統一が無難かと思います。

ただ、ウリンの場合最初の頃は雨でアクが多少出ます。(アクの主成分は、ポリフェノールだと言われています。)

※アクはキッチンハイターで落とすことも可能ですが、放置しておいても自然と消えていきます。

その結果、最初は濃い茶色ですが、次第に灰色に変わります。(木の内部の強度には変化はありません)

DSCF2952

トップへ戻る