新潟市東区中野山にてフェンス製作 VOL3

新潟市東区中野山にてフェンス製作 VOL3

寒い熱い雨風

毎日めまぐるしく天気が変わり服装や仕事内容が変化していきます。

風邪ひきそう。。。

先週ようやく我が愛車であるバンバン200(通勤用)を出動しました。

バッテリーつないでエンジンは冬眠してましたが一発始動!!

やっぱテンション上がります。

まーその事はおいといて

先回の続きです。

工事は最終段階。

塗装

DSCF6129

左が塗ったところ。右は無塗装。

どうですかこの艶感。

僕は、いつもハードウッドで外構工事する場合オイルステンを使います。

木自体が水分や害虫に強いのでわざわざ薬品塗装はしません。

べつに薬品塗装を否定しているわけではないのですが

物には用途があると思いますのでハードウッドには使いません。

オイルステンの外部用クリア塗装なので誰でも簡単メンテナンスが出来るのもオススメです!!

ワンポイントアドバイスとしては、刷毛塗り後ウエスで拭き取りをするとキレイに木目が上がってきます。

ホントにこれは大事で仕上がりが全然違います。

DSCF6138

こんな感じになります。

DSCF6135

もう1つ!!

いよいよ仕上げです。

柱をモルタルで固定後地馴らし

DSCF6117

柔らかめにモルタルを作り

フェンスブロックと柱の隙間に流していきます。

柱をトントン叩くと自然に締まっていきますよ。

今回は地中にブロックを完全に埋めてしまうので少し位柱にモルタルがついても気にせずGOです。

地面から出る場合は柱にマスキング等回すると汚れません。

後は埋め戻しで完了です。

DSCF6140

外観

DSCF6144

部屋の中から。

んー完璧です!!

隙間もなくこれで猫さんの脱出は不可能!!・・・なはず。

ps 翌日モルタルの固まり具合を拝見しに伺いました。

お客様曰く、猫さんは早朝穴を掘り遊びに出かけたようです・・・(笑)

なにか力になれることがあればご連絡下さい。猫さん探しとか

トップへ戻る